お電話での受付は078-291-4190(平日9時から5時半まで)メールでのお問い合わせはこちらのフォームからどうぞ

ユーザビリティ

  • ホームページを見る人すべてにやさしい。
    それが「企業力」へとつながるサイトです。

解りやすく優しいWEBサイトであるために。
  • ホームページ上で提供するコンテンツ、サービスがいかに優れていても、 訪問者を目的のコンテンツに誘導できなければ ホームページ本来の機能を十分に果たしているしていることにはなりません。

    訪問者の視点に立ち、訪問者が目的のコンテンツにたどり着けるよう ホームページのナビゲーション(メニュー)やコンテンツのカテゴライズを工夫し、 ホームページの使いやすさ(ユーザビリティ)に十分配慮する必要があります。

ユーザビリティとアクセシビリティ
  • 「ユーザビリティ」と「アクセシビリティ」はどちらも「使いやすさ」を意味する単語です。

    アクセシビリティは、お年寄りや障害者などインターネットを扱うハードルが高い人にも「使いやすい」ことを工夫したホームページの指標です。
    分け隔てることなく、すべての人が気持ちよく使えるホームページを目指します。
    文字表示を大きくして読みやすくしたり、画像が見えなくても音声ソフトで説明文を読み上げてどんな画像かを説明するなど、インターネット上のバリアフリーを実現。
    アクセシビリティを高め、情報格差をなくします。

    また、ユーザビリティはそのホームページがターゲットとするユーザーが「使いやすい」と感じる指標です。逆にいえば使いにくさを減らし、どれだけゼロに近づけるかをあらわしている言葉です。
    一言で言えば「有用性」

    この二つをあわせ、老若男女やインターネットの扱いにたけているか否かを問わず、すべての人に優しいユニバーサルデザインをサイジングは提唱しています。

    そのホームページが役に立つ、使えると感じれば信頼性からリピーターも増え、ホームページの活性化にもつながります。
    メニューの表示項目ひとつとっても、少なすぎてはわかりづらく、多すぎては扱いきれません。
    ユーザーの視点を忘れず、人間心理や認知度に基づいた分析を取り入れたデザインは、使用者に優しく、企業を力強くバックアップする万能性を持ち合わせています。

ページの先頭へ